よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ! 法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。

⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
料金内訳が明確
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

>>ランキングの詳細はこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事

自己破産に関する記事まとめ記事一覧

自己破産は気まぐれでやるようなものではありません。中には逃げるような気持ちで自己破産をしてしまって、後悔している人もいます。借金から解放されはしたけど、本当に良かったのかどうか、もっといい方法があったのでは無いか、など誰でも思う事でしょう。知っている人も少なからずいるので、ずっと破産者だと思われるとか、借りたのに返すことが出来なかった口惜しさ等、人によって様々ですが後悔もあります。信用も失ってしま...
債務整理の中でも特に効果の大きい自己破産は、一度行うまでにはかなり時間をかけた判断が必要になることが少なくありません。特に住宅などの財産を持っている人の場合は「財産を失ってでも破産をするべきなのか」ということで苦悩してしまうことになるでしょう。ただ実際に手続きを完了させてみると借金返済の義務が解かれたことに開放感を覚え、胸を張って次の一歩を踏み出せるようになった人が大半です。そのため自己破産自体は...
借金や負債を抱えて行きづまり、自己破産を考えている人もいるかもしれません。どうがんばったって、今の収入では返済しきれないほど借金を抱えてしまったリした場合に、自己破産という選択肢を検討するのではないでしょうか?破産後の不安もあるとおもいます。破産した後の生活や、残された財産などがどうなるかという不安ではないでしょうか?そのように、破産をした場合、すべての財産もなくしてしまうと考えている方も多いかと...
キャッシングをしたことが原因で自己破産してしまう人もいます。消費者金融から借り入れをして、その後に返済をしていくことができれば良いのですが、それができなくなることもあります。もしも返済ができなくなれば、ほかの消費者金融から借りて一時的にしのごうと考える人もいますが、それでは根本的な解決にはなりません。その結果、また返済ができなくなってほかのところから借りると言うことを繰り返してしまうといったことを...
借金を返せない状態になってしまった人を救う手段として、自己破産という方法が用意されています。全ての借金が免責になる方法で、裁判所の許可を受けられると、返済の義務がなくなるようになります。この仕組みを知れば、安心して借金を繰り返せると考えるところですが、そう簡単なものではありません。自己破産は債務整理というものに含まれ、弁護士や司法書士に依頼をするのが一般的です。ですが、相談をしたものの、弁護士や司...
借金自体は自分の資金以上の物を入手する事が出来ると言う点から考えても、決して無駄な事ではなく、また行ってはいけない物と言う風に簡単に決めつける事は出来ません。住宅取得等に関して住宅ローンを組む場合、その借金はその人の財産になるとさえ言われる事もあります。しかし、実際に借金問題でトラブルが起きてしまい、そこから自分の人生が一気に変わってしまったと言う人も決して少なくないのが現状です。現在、少額融資に...
消費者金融業者からの借入額が膨らみ多重債務の状態となってしまった場合、あるいは転職や失業などによって収入が減ってしまい、返済を続けていくことが困難となってしまった場合には債務整理を行う必要があります。もし、完全に返済の目途がたたない状況となってしまったのであれば、債務整理の種類の中から『自己破産』を選択することになるでしょう。しかし、自己破産の状況にあっても『親や勤務先に自己破産をしたことがばれて...
自己破産しようか悩んでいる人は多いと思います。でも心配しないでください。とにかく自己破産は自分で抱え込まずにメール相談から始めませんか?分からない事や聞きにくい事はメールで聞いてみましょう。やはり借金や自己破産の事は、その分野に詳しい専門家に相談しましょう。本当に専門家は詳しいですよ。やはり専門家の力は凄いです。きっと納得できる回答を導いてくれます。それでも不安な人は多いと思います。でもメール相談...
多重債務者の最後の手段として国が法的に認めている債務整理が自己破産です。悩みの種である今自分が持っている全ての債務が免除になることを考えるとかなり魅力的にも思える制度ですが、もちろん手続き前に抑えておきたいリスクもいくつか存在します。まず考えられる1番大きなリスクとして、今後数年間の借入が難しくなることがあげられます。何故なら自己破産をした場合、個人信用情報といって金融機関が共同して持っている個人...
カードローンなどの借金の返済に困ってしまい自己破産をすることになった場合には、手続きは弁護士などの法律の専門家にお願いすることになるでしょう。自己破産は裁判所に破産申立書を提出して借金をゼロにしてもらう手続きであり、借金がどうしても返済できないようなときに利用することが必要な方法となります。この手続きにはメリットやデメリットがあるので、他の方法を検討しながら、手続きを進めて行くことが重要になります...
現代では様々な場所でお金を借りることが出来るようになっていますが、その中で法律上必要な手続きをせずに消費者に融資をしているのが闇金です。規制が強化されたこともあってかつてと比べると数は減少しましたが、それでもまだ全国各地に存在しているため被害者もゼロにはなっていません。こういった業者は法律で許されないような高金利をかけて貸し付けをしているわけですから、一度利用してしまうと債務問題を引き起こしてしま...
自己破産手続きを行う際にはいくつかの書類を用意しなくてはならないことになりますが、その中で時折必要になるのが委任状です。これは法律上個人が保有する権利を特定の人物に対して一時的に委任するということを示すための書類であり、自己破産の際には主に弁護士などに権利を委任することについて誰に、どの権利を、いつまで委任するのかということを記載することになります。ただこれはどのような時でも必ず必要になるのかと言...
自己破産はしばらくローンが組めなくなる、クレジットカードが作れなくなる、といったデメリットはあるものの、債務者にとっては人生を再スタートさせるチャンスとなるありがたい制度です。そもそも大した財産を持っていない人が多いので、失うものがない人にはほとんどデメリットはありません。このような制度があるのは、借金を理由に夜逃げをしなければならなくなるような事態を避けるためです。もちろん借りたお金は本来なら返...
お金を借りる場合、誰もが金利に注目をして融資を受ける金融業者や金融機関を決める事が多く在ります。金利が0.1%でも違えば、利息分も変わりますし、返済期間が長くなる事で総支払額にも差が生じる事になるため、金利が少しでも安い所を探して融資を受けたいと考える人が多いわけです。因みに、利息の計算方法と言うのは、「借入額の合計×金利÷365日×借入日数」と言った計算式で求める事が出来ますが、借入額の合計と言...
複数の借入れ先が在る場合、返済日が異なるケースが多く、返済を自動引き落としにしてると、知らない間に口座が残高不足になり、返済が行われない事が起きてしまいます。消費者金融などの場合、自動引き落としが行われない場合でも暫くの間そのままにしているケースが多いため、連絡が来た時には返済日から数日が経過していたと言った事が起きてしまう事も有ります。尚、返済が遅れた場合には遅延損害金が課金されることになり、返...
消費者金融などのカードローンを利用する時、カードローンの説明の中には遅延損害金と言う項目が在り、そこには遅延利率20.0%と言った金利が明記されているものを目にした人は多いかと思われますが、遅延損害金と言うのは返済が遅れた場合のペナルティー料であり、遅延損害金は日割りで計算が行われるため、返済が遅れる事で余計なお金を支払う事が義務となるため、返済遅れと言うのは注意が必要です。しかし、返済を行いたく...
貸金業法が改正されて以来日本の各地で話題に挙げられるようになったのが過払い金の存在です。かつて存在していたグレーゾーン金利という不法な金利設定によって請求され、支払ってしまった払い過ぎた利息がこれにあたります。適切な手続きを踏めば返還請求をすることが出来ますので各地の弁護士事務所や司法書士事務所ではその返還請求の代行を受け付けるようになりました。さて、しかしここで少々注意したいのが自己破産を行う場...
お子さんの将来の為に学資保険を利用している保護者の人は珍しくありません。それを行う事によって進学する時等の負担を軽減する事が出来るからです。ではそんな学資保険ですが、自己破産をした場合はどのようになるのでしょうか。学資保険の名義はお子さんとなっているので、自己破産をしても何ら問題はない、解約する必要はないと思う人もいるかもしれませんが実際には決してそういう訳ではありません。そもそもこの保険の名義は...
自己破産とは、債務を整理する手段の1つです。債務整理の方法は1つではありません。マイホームを残したままほかの債務を圧縮する方法や、債権者と話し合いで債務を減らしてもらう方法なども借金を整理する方法としてよく利用されています。自己破産がほかの債務整理と大きく違う点は、借金をゼロにしてもらう代わりに財産を手放すことになる点です。買って間もない高級時計やローンが終わった不動産など、換金する価値のあるもの...
自己破産の手続きを行う際には自分の情報が官報に掲載されることになるとして覚えておくことが必要です。これは国が発行する広報誌のようなもので、そこには政府調達の情報や法律・政令の制定・改正情報などが掲載されています。しかしそこには破産者の情報についても掲載がされるようになっていますから、自己破産をした際には個人の氏名や住所が掲載されることになるわけです。ただ現代においてこうした個人情報は必ず保護されな...
自己破産をした後に、携帯電話の機種変更を行うことは出来るのでしょうか。答えから言うと、出来る場合と出来ない場合があります。出来るのは、変更する携帯電話の機種の代金を一括で支払いする場合です。この場合には普通に商品を現金で購入するのと変わりないため、何の問題もありません。また一括で支払いが出来る場合でも、料金の延滞があった場合には一括での購入ができないケースがほとんどです。その場合には先に今まで延滞...
結論から言いますと、たとえ過去に自己破産を経験した人であったとしても、再び起業して立派に活躍している人はいます。それは本当に可能なことなのです。決して、自己破産の経験者は二度と起業することができない、というわけではありません。それは完全に誤解です。確かに2006年以前には「自己破産者は復権を得るまでは取締役に付けない」という旧商法の規定は存在していました。それゆえ、今でもそのような誤解をしている人...
自己破産をしてしまうと、新たなクレジットカードを作ることが出来なくなったり現在使用しているものも使えなくなり、融資は受けられないと言われています。では、携帯電話はどうなるのでしょうか。結論から言えば、自己破産後も携帯電話を使い続けることは可能です。今まで月々の利用料金の支払いをクレジットカードを利用していた場合は、クレジットカードを利用することが出来なくなるので銀行引き落としなどに支払い方法を変え...
会社が倒産したり、リストラや病気、怪我の後遺症などを理由に仕事がなくなってしまうなど、急に収入が途絶えたり極端に少なくなってしまうと、まだ契約中の借入の返済が難しくなることはよくあります。多額の借金を抱えているなら、返済が極めて難しい状態に陥り、人生が終わったと判断してしまうところですが、日本には借金に苦しむ人を救済する、自己破産が存在しますので、これを利用すれば借金に苦しまずに済む生活を取り戻す...
借金が重なりどうしても返済が困難だという状況になると、債務整理を検討する必要が出てきます。もしそうなった場合、おそらくどのぐらい減額できるのか、その具体的な金額を計算してみるでしょう。しかし、個人再生、任意整理、自己破産の3つの債務整理はそれぞれ計算方法が全く違います。個人再生と任意整理は複雑であるのに対し、自己破産は大変簡単です。個人再生の場合は、借金の残高によって削減できる金額が変わります。と...
自己破産すると、その本人はほとんどの借金が免除されますが、マンションや持ち家の不動産、車などの財産を全て没収され、信用情報に名前が登録されてクレジットやローンなどの申し込みができなくなります。いわゆるブラックリスト入りというものですが、この他にも国が発行する機関紙に住所氏名が記載され、一部の業種に就けなくなるなど生活の自由が一部制限されてしまいます。この際に懸念されるのが家族への影響ですが、自己破...
月々の支払いを行ってしまうと、生活することもままならない。そんな状況の時の手段として、債務整理があります。債務整理はその字の通りに借金を整理することですが、その中でも借金の額が多くて到底返せないという場合に考えるのが自己破産です。自己破産は債務者本人の名義の借金全ての返済義務が裁判によってなくなるため、借金の返済を行わなくても良いというものになります。多額の借金を背負っていて、将来のことなど考える...
債務整理とは、債務の返済が困難または不可能となった場合に行うものです。債務整理にはいくつかの種類があり、その中での最終手段とも言えるものが自己破産といえます。以前は、破産といえばさまざまなデメリットがあり誰でも利用できるというものではありませんでしたが、平成17年から施行された新破産法によって以前よりも利用しやすくなっています。自己破産のメリットとしては、支払い義務の免責、返済のストップ、新得財産...
債務整理にはいくつかのやり方がありますが、最も借金の負担から逃れられる方法が、自己破産になります。この方法を利用するには、裁判所の許可が必要ですが、認められると一気に借金がなくなりますので、返済をする必要がなくなります。多額の借金であっても返済が免責になることから、苦しんでいる人には大変メリットのある方法といえますが、自己破産をするからには、住宅や車などの財産を、処分しなければならなくなります。メ...
自力での返済が困難な謝金を帳消しにするために自己破産を行なうことを検討しているものの、具体的にどのような手続きを取ればいいのかが分からないといった債務者の方は非常に多いと言えます。そのような方々に自己破産の方法を教えたりスムーズな破産申請を行なう上でのアドバイスを施したり、申請そのものを代行してくれるといった弁護士事務所や司法書士事務所というのが全国的に存在していますので、自身のみでは破産申請を行...
自己破産は債務整理の方法のひとつで、支払が不能となった場合、裁判所にその申し出を行い、その趣旨が認められた場合、すべての債務が無くなり、今までの借金生活から解放される仕組みで、この申し出を自己破産宣告と言います。債務整理には民事再生法を適用した個人再生のほかに過払い請求などもあり、自己破産は最終的な判断として行う整理の方法です。個人再生にて現在の債務を20%程度に圧縮し、3年間で支払完了とするもそ...
消費者金融などの貸し金業者から、融資を受けていて、金利が膨れ上がってしまい、債務を返済するのが困難になってしまった人が増えています。借金の総額が少ない場合は、債務整理の任意整理を勧められることが多いですが、返済不能になった場合は、弁護士事務所などでは、自己破産を勧められることが多いです。自己破産の手続きを行い、裁判所で免責を受けることで、すべての債務からは解放されますが、これからも生活をしていかな...
自己破産は債務を帳消しにしてもらう極めて効果の高い債務整理手段ですが、どのような場合でも必ず自分にとって良い結果になるとは限りません。人によっては破産をしない方が良かったと言わざるを得ない結末を迎えてしまうこともありますので、どういった人が自己破産に失敗するのかということについて事前に確認をしておいた方が良いでしょう。では本題の「自己破産に失敗する人はどんな人なのか」ということについてですが、まず...
自己破産の方法には、同時廃止と財産管財の2種類があり、その違いは大雑把に言うと財産があるかないか、借金を抱えた理由の2点があります。多くの場合には、同時廃止となります。同時廃止は債務者に換価することができる財産がない場合に行われます。同時廃止は手続きの期間は短く、裁判所に支払う予納金も安いため、行いやすいです。自己破産を行う人に対して、予納金の支払いが数十万円の場合、支払いを求めるのは酷なため、同...
近年、奨学金を借りて高校や大学に行く方が多いですね。日本の高等教育にはとにかくお金がかかります。高校や大学を出ていないとまともな仕事につけないことが多いのに、そのために行く必要がある高校や大学に莫大なお金がかかります。親の収入ではその費用を賄いきれず、子供が自ら奨学金を借りて進学するケースは本当に多くなっています。しかし、これは卒業したら返還する義務のある学資ローンのようなものがほとんどですから、...
自己破産は、支払い不能の状態に至ったことを裁判所に認めてもらい、値打ちのある財産を保有している場合は換価して、平等に全ての債権者に配るという法律上の手続きのことです。また、自己破産を行う場合は、残った借金について返済する必要がなくなる免責手続きも行います。これが認められることにより、事実上借金を完全にゼロにできるという内容です。このために、免責不許可となった場合は、財産だけを失うということになりま...
自己破産とは債務整理の方法のひとつであり、借金を返済する義務が消滅する代わりに色々なデメリットを背負うという債務整理の最終手段のような手続きです。そのためほかの債務整理と比較すると一般的な認知度も高く、個人だけではなく企業で利用するケースも少なくありません。借金がなくなるという大きな魅力があるため利用したいと検討する人も多いのですが、その反面もたれているイメージが悪いのとデメリットを背負うことにな...
自己破産をしなければならなくなった時と言うのは借金問題を抱えてしまい、自分ではどうする事も出来なくなった状態の時です。借金問題を抱える人と言うのはとても多いと言われており、弁護士などによる無料借金相談を実施している法律事務所が数多く在ります。法律事務所と言うのは、弁護士などが在籍をしている所で、全ての法律事務所が自己破産などの債務整理の代理人を務めているわけではなく、債務整理などの借金問題について...
自己破産と聞くとあまり良い印象は持たれていません。例えば、借金の踏み倒し、全財産を失うなどのイメージで固定されているのではないでしょうか。しかし、借金を整理するのに人気の手段の一つなのです。自己破産とは、債務者の財産を換金し、全ての債権者に均等に分配することで、抱えている借金のすべてを免除してもらえる債務整理です。金融機関や貸金業者から借りているお金はもとより、個人的に借りているお金まで全てを免除...
どんなに工夫をしても、努力をしても、債務を返済することができそうにない、という時は、最終的に自己破産を選ぶことになります。ほかにも債務整理の方法はいくつかありますが、債務を減らしたら返済できそう、というレベルでなければ破産するしかありません。自己破産とは、持っている財産をすべて手放す代わりに債務もゼロにしてもらう方法です。財産は失いますが、借金もなくなりますので、また一から人生を再スタートさせるこ...
自己破産の手続きは一種類の方法しかないというわけではなく、それぞれの申立人の状況などで話の進め方は若干変わってきます。その中でも「弁護士に申し立てを代行してもらった」という条件がある場合にのみ適用されるのが即日面接制度という制度です。ではこれはどういったものなのかということで、「即日と名が付いているのだから申し立てをしたその日のうちに免責が決まるのではないか」と考える人もいるのですが、実際のところ...
自己破産というと少し前まではできれば絶対にすべきではない、恥ずかしいことなのだといった感情が先に出て、なかなかしたがらない人が多かったです。たしかにデメリットも多いですし大声で他人にいうことでもありませんが、今後の人生を考えたうえで前向きに進んでいける手助けになるのであれば、弁護士などの法律の専門家の意見を聞いて行うというのもひとつの選択肢だという考えが、最近では浸透しつつあります。ですので、債務...
どれだけ生活を切り詰めても返しきれない借金を抱えている方が、最後の手段として負債を含む資産を全て破棄することで借金を帳消しにするといった方法が自己破産です。どうしても借金を返せないといった方にとっては有効的な借金を消し去る手段だと言えますが、自己破産には相応のリスクがありますので実施する際には慎重になるべきだとも言えるでしょう。自己破産を行う際の注意点とまず挙げられるのが、破産が執行されてから数年...
自己破産をすると、それまで借りていたすべての借金がゼロになります。金融機関からの借入だけでなく、個人からの借金や奨学金などもすべて帳消しになります。ただし、延滞税については免除されないので、一生かけてでも支払う必要があります。「借りたお金は返す」というのが世の中の常識です。自己破産をすると、金融機関からの信用を失うことはもちろん、周囲の人からの信用にも影響するかもしれません。債務整理をしたという情...
ローン、キャッシングなどで借金をしている人は多いですが、返済に特に問題がないのであれば順調に借金を減らしていくことができます。そして、中には多くの借金を抱え、その返済がままならないという人もあります。借入額が多かったり、多くの業者から借り入れをしているなど多重債務の状態の場合は通常の生活も難しくなってしまうことがあります。借金の返済がかなり厳しい、完済の見込みがないという場合は債務整理も検討してみ...
自己破産の手続きをするにあたって、年齢の制限はありません。70代、80代で手続きをする人もいます。債務を圧縮する代わりに一定額を返済することを約束する債務整理の方法では、安定した収入を得ていることが条件となりますので、事実上年金暮らしのお年寄りはできません。しかし破産手続きは、債務が返済能力を超えていれば誰でも申請することができます。認められるかどうかは別として、年齢で門前払いされることはありませ...
債務整理の中では自己破産は最終手段だと言われることもありますが、ほかにも債務整理の方法はあります。任意整理、特定調停、個人再生などがありますから、これらと比較することは有用でしょう。将来のことも考えて選ぶことが必要となります。債務整理の一つが任意整理です。任意整理という手続きが法的に定められているのではありません。この点は自己破産と比較すると大きな違いでしょう。法的に定められているわけではなく、単...
資産や収入に対して借金の金額が大きくなり返済が不可能になった場合の法的救済措置として自己破産があります。自己破産は裁判所に申し立てて、認められることで一定の資産が没収される代わりにすべての借金が免責されるというものになります。認められる条件はいくつかあり、ギャンブルなどで作った借金などは認められない場合があります。また自己破産の回数は法律上は上限はなく何度でも行うことができます。しかし、自己破産を...
自己破産の申請をするためには、多くの書類を用意する必要があります。裁判所から入手するものと、自身で用意する書類がありますが、一日で準備できる量ではないので時間をかけて揃えていく必要があります。まず裁判所から手に入れる必要書類についてですが、破産申立書、免責申立書と陳述書、債権者一覧表などが必要となります。破産申立書、免責申立書は自己破産を申請する人の名前や住所、借金の金額などを記載する書類です。陳...
自己破産の同時廃止事件の場合、破産手続きが開始決定と同時に終了しますから、予納金として必要なものは官報広告費、印紙代、郵送にかかる費用などだけでかかりませんから、費用は非常に少額になると言えるでしょう。しかし、管財事件になると多くの費用がかかります。管財人を雇うことが必要になるからです。管財人とは、資産を管理する人のことを指すと考えれば分かりやすいでしょう。自己破産をすれば借金がなくなるわけですが...
様々な事情があり、母子家庭として生活をする家族は世の中にたくさん存在します。女手一つで子供を育てるのは、想像以上の苦労がありますが、子供を立派な大人へと成長させるために、教育ローンを利用したり、生活費の足しにするために、キャッシングを利用することも多くなります。ローンにしてもキャッシングにしても、借金には変わりがありませんので、期日までにきちんと返済をしなければなりませんが、収入が少ない、安定しな...
借金をする時は、弁済方法を用意しておく必要があります。これは、万が一債務者が借金を返済する事が出来ない場合にその借金を弁済する為に用意しておく物で、基本的には物的な物と人的な物の2つを用意しなければいけません。物的な物は不動産などの担保になります。また、人的な物の方は保証人や連帯保証人です。もし返済できない場合は不動産を売却して弁済したり、保証人や連帯保証人が債務者に代わり返済する事になります。自...
借金を重ねて行くと、自分では何とも出来ない状態に陥ってしまう事が有ります。それはまるで雪だるまを作って行く時の様に増えていくので、雪だるま式に借金が増えて行くと言う風に表現される事も少なくありません。またその状態になってしまうと個人でどうこう出来る状態では無くなってしまう為、基本的には借金の減額・免除を行う事が出来る債務整理を行う事になります。債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4...