自己破産の時効はいつまで?ローンが組めるまでの期間目安

自己破産をすると、受けてから5年~10年間はローンが組めなくなります。

 

これは自己破産したことが「信用情報機関」に登録されることで、金融機関からの信用を失うからです。

いわゆる「ブラックリストに載る」、「信用情報に傷が付く」という状態です。

 

本当に自己破産で合ってる?

借金で困った際にすぐ思いつくのが自己破産ですが、実は解決方法は他にもいくつかあります。

 

解決方法 掲載期間 デメリット
自己破産 5年~10年 資産を失う
個人再生 5年~10年 手続きが煩雑&長期化
任意整理 登録なし~5年 大幅な減額は難しい

この表のように、解決方法によって信用情報の掲載期間やデメリットが大きく違います。
なかでも自己破産はデメリットが大きく、掲載期間も最長10年と非常に長いです。

 

そのため、借金状況によってはデメリットの少ない任意整理のほうが合ってる場合もあります。

 

ただ、債務整理の知識がない方が自分だけで判断するのは難しいです。
そんなとき「診断ツール」なら、質問に答えるだけで自分の状況に合った解決方法をすぐに調べられるのでおすすめです。

 

どの方法がベストか無料診断する

 

 

今すぐに解決するなら無料相談

「取り立てが厳しくて今すぐにでも解決したい!」という方は、弁護士事務所に直接相談しましょう。
とくに電話相談ならすぐ対処してもらいやすいので、早ければ即日で取り立てをストップしてもらえます。

 

以下に借金問題に特化した事務所を掲載しておくので、興味がある方は一度無料相談してみてください。

 

 

自己破産とは?

自己破産とはいろいろある債務整理の方法の中の一つではありますが、
簡単に言いますと自分のすべての財産を放棄することと引き換えとしてすべての債務を免責してもらうという債務整理です。

 

債務整理の中でも多額の債務を抱えている人にとっての最後の手段ともいえる方法です。
しかし、自己破産をすると財産のすべてを失うだけでなく、信用機関の情報に自己破産が記録されることによって銀行やそのほかの金融機関から融資を受けられなくなったり、ローンを組んだり、クレジットカードを作ることはぼぼできなくなるのです。

 

しかし、この信用情報への記録は法律によってある一定期間を経たのちには記録から自己破産の情報を削除しなければなりません。
このことが自己破産の時効といわれるもので、この期間はそれぞれの信用機関によって違いますが、おおよそ5年から7年といわれています。

 

しかし、一度裁判所から自己破産の免責許可が出るとその後はよっぽどの事情がない限りは7年間は免責許可が出ることはありません。クレジットカードの発行についてはこちら

 

なので、自己破産の免責決定を受けた人は7年間の自己破産の時効が来るまでは再び借金を作らないようにしなければならないということは言うまでもありません。

 

やり直すための自己破産なのでまた借金を作る事を自己破産前に考える人は少ないとは思いますが
自己破産をした人はまた自己破産を繰り返す事が多いのも事実です。
自己破産後の生活について