自己破産の時効はいつまで?ローンが組めるまでの期間目安

このページでは、次の2つの疑問にお答えします!

 

 

まずは一つ目の疑問から↓

自己破産すると何年間ローンが組めなくなる?

自己破産をすると、5年~10年間はローンが組めなくなります。
なぜなら破産したことが「信用情報機関」に登録され、金融機関からの信用を失うからです。

いわゆる「ブラックリスト」や「信用に傷が付く」という状態です。

 

本当に自己破産が正解?

返済不能になったとき、まず考えるのが自己破産ですが、実は他にも解決方法があるのはご存知ですか?

解決方法 掲載期間 デメリット
自己破産 5年~10年 資産を失う
個人再生 5年~10年 手続きが煩雑&長期化
任意整理 登録なし~5年
(JICCは5年)
大幅な減額は難しい

>>自分に合った解決方法を調べる

 

上の表のように解決方法は複数ありますが、それぞれデメリットや掲載期間が違います。

 

なかには任意整理のようにデメリットが少ない方法もありますが、条件や相性もあるため法律知識のない方が自分だけで決めるのは危険です。

 

そんなとき『診断ツール』なら質問に答えるだけで、最適な方法や借金をいくら減額できるかすぐに調べることができます。
実名・住所が不要で誰でも無料で診断できるので、まずは診断してみましょう!

 

 

今すぐに解決するなら無料相談

「取り立てが厳しくて今すぐにでも解決したい!」という方は、弁護士事務所に直接相談しましょう。

 

なお電話相談ならすぐ対処してもらいやすいので、早ければ即日で取り立てをストップしてもらえます。

 

以下に借金問題に特化した事務所を掲載しておくので、興味がある方は一度無料相談してみてください。

 

 

借金は何年間で時効になる?

借金は5年~10年で時効となり、返済する義務がなくなります。

 

ただし時間が経てば勝手に時効になるわけではなく、成立させるには『時効の援用』が必要になります。

【時効の援用】
時効が成立していて返済の意思がないことを相手(債権者)に伝えること。

 

時効の条件を見極めるのは難しい?

時効は「誰にどんな契約で借りたのか」によって、起算日や条件が変わります。

 

そのため起算日を正確に把握していないと、手続きをしても失敗に終わる可能性があるんです。

 

冒頭でも紹介した『診断ツール』なら、時効が適用できるかどうかも教えてくれるので便利です。
条件を満たしてるかどうか不安な方は、事前に診断しておくことをおすすめします。

 

無料診断する

 

自己破産とは?

自己破産とはいろいろある債務整理の方法の中の一つではありますが、
簡単に言いますと自分のすべての財産を放棄することと引き換えとしてすべての債務を免責してもらうという債務整理です。

 

債務整理の中でも多額の債務を抱えている人にとっての最後の手段ともいえる方法です。
しかし、自己破産をすると財産のすべてを失うだけでなく、信用機関の情報に自己破産が記録されることによって銀行やそのほかの金融機関から融資を受けられなくなったり、ローンを組んだり、クレジットカードを作ることはぼぼできなくなるのです。

 

しかし、この信用情報への記録は法律によってある一定期間を経たのちには記録から自己破産の情報を削除しなければなりません。
このことが自己破産の時効といわれるもので、この期間はそれぞれの信用機関によって違いますが、おおよそ5年から7年といわれています。

 

しかし、一度裁判所から自己破産の免責許可が出るとその後はよっぽどの事情がない限りは7年間は免責許可が出ることはありません。クレジットカードの発行についてはこちら

 

なので、自己破産の免責決定を受けた人は7年間の自己破産の時効が来るまでは再び借金を作らないようにしなければならないということは言うまでもありません。

 

やり直すための自己破産なのでまた借金を作る事を自己破産前に考える人は少ないとは思いますが
自己破産をした人はまた自己破産を繰り返す事が多いのも事実です。
自己破産後の生活について

 

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる