自己破産の時効はいつまで?

自己破産とはいろいろある債務整理の方法の中の一つではありますが、
簡単に言いますと自分のすべての財産を放棄することと引き換えとしてすべての債務を免責してもらうという債務整理です。

 

債務整理の中でも多額の債務を抱えている人にとっての最後の手段ともいえる方法です。
しかし、自己破産をすると財産のすべてを失うだけでなく、信用機関の情報に自己破産が記録されることによって銀行やそのほかの金融機関から融資を受けられなくなったり、ローンを組んだり、クレジットカードを作ることはぼぼできなくなるのです。

 

しかし、この信用情報への記録は法律によってある一定期間を経たのちには記録から自己破産の情報を削除しなければなりません。
このことが自己破産の時効といわれるもので、この期間はそれぞれの信用機関によって違いますが、おおよそ5年から7年といわれています。

 

しかし、一度裁判所から自己破産の免責許可が出るとその後はよっぽどの事情がない限りは7年間は免責許可が出ることはありません。クレジットカードの発行についてはこちら

 

なので、自己破産の免責決定を受けた人は7年間の自己破産の時効が来るまでは再び借金を作らないようにしなければならないということは言うまでもありません。

 

やり直すための自己破産なのでまた借金を作る事を自己破産前に考える人は少ないとは思いますが
自己破産をした人はまた自己破産を繰り返す事が多いのも事実です。
自己破産後の生活について