債務整理とは

債務整理の手段として主に

があります。
どれが一番良いということはなく、置かれている状況によって取るべき選択肢は異なりますが、それぞれの違いを簡単に比較すると次のようになります。

債務整理《比較一覧表》

  返済能力 減額 欠点 裁判所
任意整理 有(高) 通さない
個人再生 有(低) 通す
自己破産 全額 通す

 

返済の見込みが立たず、すべての借金をリセットしたいなら自己破産。
家や土地など守りたい財産があるなら個人再生など、あなたが何を優先したいかによって最適な選択肢は変わってきます。
さらに、払い過ぎた金利や減額交渉などで状況も変わるのです。
弁護士に相談すると無理に自己破産を勧められるんじゃないか?と心配する人もいますが
弁護士選びを間違えなければそのような事はありません。
まずは自分の状況を債務整理専門弁護士の無料相談へ行き、どの方法がベストな選択なのか?聞いてみるといいと思います。
債務整理弁護士の選び方のポイント

 

任意整理は司法書士が債権者と返済の方法や返済額について交渉をして、支払いができるような条件での合意を成立させるような手続きとなります。
そして裁判所は関与していません。

 

また、すべての債務整理の手続きの中でとてもよく利用されるのが、この任意整理の手続きなのです。

 

そして高金利の消費者金融などと取引があるようなことならば利息制限法による引き直し計算をして、過去の払いすぎているような利息を元本に充当して借金額を減らして行くのです。

 

利息制限法引き直し計算による減額の後には、将来の利息はカットして分割払いをしていくと言った鉱床や過払い金や親族の援助などで一括返済をしますから、借金額を減額してもらいたいといったことのような交渉をしていくのです。

 

将来利息のカットについて、ほとんどのケースで可能となっていますが、一括返済によるような減額は必ずできるわけではないのです。
裁判所は関与していませんから、自己破産の時のように裁判所に提出する書類を用意してもらう必要性がないのです。

 

任意整理の手続き中に、利息制限法による引き直し計算をしてみて、過払い金が発生することがありますが、過払い金返還請求をしていきます。 

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ! 法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。

⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
料金内訳が明確
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

>>ランキングの詳細はこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事

債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの種類があるわけですが、共通しているデメリットというのは信用会社の信用情報に載ることです。これは俗にブラックリストに載ると言われますが、金融機関からお金を借りる際やローンを組む際に信用情報を照会し、与信判断の材料とします。ですからブラックリストに載っていればお金を借りられない場面が出てくるというわけです。信用情報の掲載期間は通常5年程度とされ...
債務整理をすれば絶対借金は減りますか?債務整理をすれば必ず借金が減ったり、なくなったりするわけではありません。債務整理を成功させるポイントは、次の2つです!借金の状況にあった債務整理の方法を知る債務整理に強い弁護士に依頼することまずは、あなたにあった債務整理が何かを知りましょう!債務シミュレーターなら適切な債務整理の方法、いくら減額されるか、どのくらいの費用が必要かを診断できます!匿名OK!無料で...
あちこちから借金を抱えて困っている方はとても多いですね。自分の力で返済できるうちはまだ良いのですが、借金の返済のために借金を重ねると、あっという間に首が回らなくなってしまいます。こういう方のための制度として債務整理があります。債務整理をすると、借金の減額や免除をしてもらえるので、決定すれば安定した生活を取り戻すことができるかもしれません。しかし、借りたものを本来の契約の通り返さないのですから、それ...
借金の返済が苦しくなり、どうにもならない状況に陥ってもまだ弁護士や司法書士に相談すれば解決することができます。そしてそれが法的な借金整理法である債務整理です。債務整理は債務者の各状況に合わせて、適切な解決が図れるように4つの種類に分かれています。どれを選択するのかは自分の状況を法律の先生に相談しながら決めることがよいでしょう。債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの種類がありそれ...
債務整理をした際のデメリットとして、気になるのは債務整理をした後に、住宅ローンや車のローンを組むことができるのかということでしょう。結論から言えば、しばらくの間は組むことはできなくなります。なぜかと言うと、債務整理をすると、その時点で信用情報機関に債務整理をしたという信用情報が登録されるからです。この信用情報機関は全国の様々な金融機関から信用情報を収集しており、また、収集した情報を様々な金融機関に...
多重債務に苦しみ、もうまともなところでは貸してもらえなくて、ヤミ金でお金を借りてしまったという方も多くいらっしゃいますね。ヤミ金とは、法定利率の何倍もの利率で違法に貸金業を営んでいる、貸金業者登録のない業者のことです。こんなところで借りてしまっては返済できるわけがないのですが、多重債務でパニックになっていて、まともな思考ができなくなっている方が多いので仕方ないのですね。さてヤミ金に借りた借金も債務...
結論からいえば、債務整理をしてしまった方がいいです。また、結婚が決まっているならできるだけ早い時期に債務整理を済ませてしまうことをおすすめします。結婚後に借金が発覚するというのは、想像以上にトラブルになるということが理由の1つです。債務整理はあくまでも個人の債務と財産に対して行なわれるものなので、是非はともかく、結婚してから配偶者に内緒で債務整理をすることも可能ではありますが、やはり同じ家で家計を...
借金の返済が不能になったことで、債務整理をせざるを得ない人が債務整理の手段を選ぶ時は、それぞれの手段における条件を比較対照しながら選択する必要があります。例えば、他人の財産に関与する仕事である税理士や社会保険労務士、証券会社の外務員、警備員などの仕事をしており、仕事を休職するわけにいかない場合は、「自己破産」は選べません。自己破産には資格制限があって、免責されるまでは前記のような仕事はできなくなる...
借金をする理由というのは人それぞれですが、ギャンブルが原因で借金が膨らんでしまうというケースはとても多いものです。借金を返すためにまた借金を重ね、とても自分で返しきれる額ではなくなってしまったら、債務整理を考えるしかないかもしれませんね。しかし、ギャンブルで借金を作っても債務整理は認められるのでしょうか。これは、債務整理の種類によっても違うといえます。債務整理の中でもよく使われるのが、任意整理と自...
債務整理は、種類によっては自分1人でも手続きすることができます。ですが、書類作成や手続きの複雑さ、債権者との交渉が必要な場合もあることなどから、弁護士や司法書士に依頼するケースがほとんど。特に過払い請求を含む任意整理は個人で行なうことが難しく、専門家に依頼が基本になります。では、まず司法書士に債務整理を依頼した場合のメリットについてみていきます。司法書士が行なってくれることは「書類作成」です。それ...
債務整理後は、最低でも5年間はクレジットカードを作ることができないと思っていた方が良く、これは、何らかの債務整理をすると個人信用情報機関に情報が登録される、いわゆるブラックリスト入りしてしまうことに起因しています。複数ある個人信用情報機関では互いに情報共有がされており、債務整理をした記録は金融に関係するほとんどの業者から確認することが可能になっていますので、債務整理がクレジットカードの借金ではなく...
学生の方で、借金の返済に困っているという方も、多いのではないでしょうか?学生の方は、特に学生ローンでの借金で、支払に悩んでいる方が多いように思います。借金の悩みの相談は学生だと、受け付けてもらえないのではないか?と心配になってしまいますが、学生であっても弁護士や司法書士に相談する事ができるので、安心してくださいね。借金の悩みを解決できる制度に、債務整理が挙げられます。債務整理には自己破産や任意整理...
債務整理について勘違いしている方が多く債務整理を行なうと、仕事や住まいまで全てを失うと思っている方が圧倒的に多いのです。ですから債務整理後の生活について恐れ、借金問題を誰にも相談せずに少しずつ借金の幅を広げてしまっているのです。債務整理を行なうと、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいますがこの情報は、世間一般の方は閲覧することが出来ませんから、債務整理を行ったという事が周囲の知人や友人、家族な...
債務整理の手続きは、債務者本人だけでも行なう事が出来ます。しかし、難しい手続き続きですし手間の掛かる書類作成などもひとりで行なわなければならなくなってしまうのです。個人で行なう場合は、債務整理の方法にもよりますが大体2~3万円程度で手続きを完了させる事が出来ます。管財人費用などが掛かる場合は、別途費用が必要になりますが弁護士を雇うよりは少ない費用負担で債務整理を行なう事が出来るのです。債務整理を行...
債務整理の自己破産をすると借金がチャラになるメリットもあるのですが財産が没収されたりするデメリットもあります。財産というと住宅や自動車というイメージがありますが年金も財産に含まれるのか気になるところです。特に無職で収入がなく年金だけで生活している人には大事な問題です。借金はなくなったけど年金を止められてしまっては生きていくことが出来ないので生活再建どころの話ではありません。この財産の中に年金も含ま...
自己破産の債務整理に関しての手続の流れを説明します。まず初めに、自分が住んでいる住所の管轄にある地方裁判所へ自己破産を申し立てます。通常、1~2ヶ月で、裁判所から破産の審尋の申立があります。審尋の申立とは、破産者が裁判所に対して、破産に至った経緯などを説明する事です。審尋の結果、裁判所が、破産の原因を正当と認めた場合、破産の決定がなされます。破産者に財産がない場合は、破産の決定と同時に破産手続廃止...
債務整理をしようとした時に、ほとんどの方が弁護士に委託するか、司法書士の方に委託するかの選択をします。債務整理の種類によっては自分で手続きをすることも可能ですが、自分で手続きをしようにも手続きまでにすべきことが多く、お金をかけてでも専門家に依頼をし、手続きを早くしてもらった方がメリットが大きいのです。しかし、弁護士と司法書士では果たしてくれる役割が異なりますので、予めその知識はあった方が良いでしょ...
債務整理を行うと銀行口座が凍結されるのは事実です。どうして凍結されてしまうのかについて説明します凍結されてしまう場合は一部の債務整理に限られます。銀行からお金を借りている状態がその条件に当てはまります銀行からお金を借りている状態で債務整理を行うと、銀行側に債務整理を行う通知が届きます。これを見た銀行は口座を凍結してしまうのです何故かと言うと、銀行側は返ってこない金額を減らそうとしてきます。その一環...
債務整理はどんな方であっても、条件に適していれば行なう事が出来ます。無職だから債務整理が出来ない、母子家庭だから債務整理が出来ない、アルバイトだから債務整理が出来ないなどと勝手に解釈している方も少なくないのですが、そういった生活状況などは関係ないのです。選択する債務整理にもよりますが必要条件は、債務整理を行なう必要があるかどうかと言う事にあります。ですから職業や生活環境などはあまり関係ないと言えま...
夢と希望と多少の自信を持って、借金をし起業をしたは良いものの思い描いた理想の経営には至らず、借金がどんどん膨らんでいってしまっていると言う最悪の状態に陥っている経営者は非常に多いのです。不安要素の大きい企業に取引先は付いてきませんし、不信感が募り取引先は逃げていってしまうのです。一発逆転を狙って、赤字経営を続けていくという選択肢もありますが借金総額が膨らみ、融資ストップとなってしまった場合、それま...
債務整理を行う上で自分で手続きをすることも可能ですが、それまでにある程度必要な知識が備わっている事が条件となるので、素人が債務整理を行う場合は司法書士、あるいは弁護士に任せる事がほとんどです。債務整理を行う段階となると手持ちのお金がまったくといっていい程ない状態だと思いますので、費用負担がどれだけになるものか、というのは気になるところだと思います。弁護士に任せる場合と司法書士に任せる場合で費用は大...
債務整理を行なう事により、借金を完済する事は可能です。しかし全ての債務整理がそうと言うわけではないのです。個人再生を選択した場合は、住宅ローンなどを3分の1程度に圧縮してもらう事は出来ますが返済義務は免除してもらう事が出来ないのです。マイホームを残しておきたいのであれば、この方法がベストですがマイホームを残しておく為には、返済義務は避けて通ることが出来ません。返済していく事が出来るのであれば、個人...
職を失った方の中には、借金に困っている方も多いのではないでしょうか。借金が増えていく、でも職がないからどんどん状況が悪化してしまう。そんな時には、債務整理を考えたほうが良いかもしれません。無職の状態でも債務整理ができるのか、と疑問に思うかもしれませんが、債務整理について知ることでその疑問も解消できるはずです。債務整理と聞いてまず思い浮かべるのは、自己破産ではないでしょうか。自己破産以外はよくわから...
債務整理を行なう事で、抱えてしまった借金の返済免除や一部免除などを行なってもらえます。免除が一度決まれば、返済義務が復権するという事は絶対にありませんから決定事項が覆る事はなく、借金返済義務の免除を受けた後に金銭的な余裕が出来た場合でもさかのぼって請求されるという事はありません。キャッシングやカードローンを利用しすぎた事により膨れ上がってしまった借金でも債務整理の条件を満たしていれば、借金返済義務...
債務整理は1人で手続きをする事も可能ですが、プロである弁護士に借金問題の悩みを打ち明けることで、相談者に応じた返済プランを提案してくれるので、最適な整理方法を見出すことができます。弁護士に正式に手続き依頼する事で、今まで続いていた貸金業者による取立てを回避でき、度重なる電話や書面での督促がなくなります。また債務整理の一連の手続き全般を任す事ができ、裁判所への提出書類や聴取なども代理で作成・出席が可...
債務整理は、時に家族に負担を掛けてしまう事もあります。任意整理の場合は、交渉などで借金問題の解決を図る事が出来ます。その場合、債務者本人には何らかのリスクがありますが家族には何の影響もなく手続きを行なう事が出来ます。債務者が債務整理を行なう事によって、家族に何らかの悪影響を及ぼしてしまう可能性があるのは、自己破産です。自己破産を行う為には、お金に換えられる価値のあるものは全て処分しなくてはならない...
債務整理にはリスクも付きまとっています。そのリスクを全て取っ払って、借金を圧縮するという事は出来ませんから債務整理の手続きを行なう場合は、そのリスクを十分に理解し受け止める事が必要なのです。債務整理のリスクと言えば、信用情報機関への事故情報の登録です。細かなリスクと言うのは、自己破産や任意整理など、どの方法で手続きを行なうのかという事によって変わります。しかし信用情報機関への事故情報の登録は、どの...
皆様の中には借金の額が増えてしまい、これ以上借金を返済するのは不可能と考えている方がいらっしゃるかと思います。しかし、相談しようにもお金が掛かってしまうし何より今やっている仕事が忙しくて事務所まで足を運べないと言った方のために手軽に出来る無料相談がございます。まず無料の電話相談です。電話をする際に発生する料金はこちら側に発生しますが、無料で専門家の方々とお話ができます。このような無料相談ができる相...
以前、親戚の息子さんから奨学金が返済できないため悩んでいるとの相談を受けたことがございます。その息子さんは大学から大学院まで進学したため500万円以上の奨学金を返済しなければいけません。そのため最悪の場合、債務整理をするしかないと言っていました。しかし、奨学金が債務整理の対象になるのかと言われると微妙な所です。と言うのも、まだその息子さんも若いですし、現在は就職浪人ですが探せば幾らでも働ける場所が...
大きな借金を抱えてしまった人が取ることが出来る手続きとして債務整理や破産がありますが、その違いについてあまり良くわからないという方が結構いらっしゃるのではないかと思います。いわゆる自己破産という手続きは債務整理のカテゴリーの中の一つとして存在しているもので、他には任意整理や個人再生そして特定調停といったものがあります。それぞれ借金で困っている方にとってはとても役に立つ法的な手続きとなっており、メリ...
借金の額が自分の収入だけでは返済することができないほど大きくなってしまった場合は弁護士に債務整理の手続きをしてもらうことになります。そして弁護士は基本的にどこかの法律事務所に所属しているので、弁護士に債務整理の相談する場合は法律事務所に行くことになりますが、法律事務所が一番多くある場所と言えば東京なので、東京の法律事務所を利用して債務整理をしてもらう人も多いです。そして東京にはいろいろな法律事務所...
債務整理体験者の助言「相談は早めに!」債務整理をした方の体験談を見ると、圧倒的に多いのはもっと早く相談すればよかったというコメントです。人生において債務整理は、そう何度も経験することではありません。弁護士に相談するという経験自体、ほとんどない方ばかりでしょう。実際、弁護士に相談しにくる方は、借金に追い詰められた方ばかりです。返済が厳しくなってきたという甘い状況ではなく、すでに今月分の返済金を用意で...