個人再生とは

自己破産という言葉は比較的良く耳にするが、個人再生とはそもそもなんであるか?明確に答えられる人はかなり少ないのではないだろうか。

 

単純に説明するならば個人が行った借金(債務)を返済する能力がなくなる恐れが出てきたときに地方裁判所に申し立てを行い、必要条件を満たせば債務が免除されるというものである。

 

もともと個人の債務整理に用いられる手法として「任意整理」「特定調停」「自己破産」の三種類があり、それぞれの困窮度に応じて適切なものを選択するのだが特定調停では対応しきれないが自己破産は避けたいという事例に対して設けられたのが個人再生という手法である。

 

個人再生は2001年から施行された比較的新しい制度で債務が弁済となるか免除となるかが自己破産との大きな違いである。
また個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者再生」の二種類があり、どちらを申し立てるにも再生計画案を裁判所に提出して認可を受けることが必要である。

 

最も重要なことは債務が弁済されるのが大前提であるため将来の収入が全く見込めない人、債務の総額が5000万を超過している人及び債権者の過半数の賛同が得られていない場合にはこの手法を用いることはできない。
逆を言えば正規雇用ではない人(フリーター、年金生活者など)でも収入が継続して見込めるならばこの制度を利用することができる。

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ! 法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。

⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
料金内訳が明確
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方
フリーダイヤル:0120-501-605
>>ランキングの詳細はこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事

個人再生法を利用して個人再生が認められた場合は、借金を減額することが可能です借金はどのくらい減るのかについて書いていきます借金の返済額を減らせるのは100万以上の案件に限ります。それ以下の場合は申請しても無意味になりますので、他の方法を考えた方が望ましいですどれくらい減らせるのかは現在の借金額から換算して決められます。その金額については以下の通りとなります500万円以下の場合は100万円まで減らす...
個人再生法は借金などを返済することが出来なくなった人が、全債権者に対する返済総額を少なくして、その少なくなった後の金額を原則3年間で分割して返済する再生計画を立てて、債権者の意見を聞いたうえで裁判所が認めれば、その計画通りに返済をして残りの債務を免除するという手続きです。個人再生法には二種類の方法があり、「小規模個人再生手続」と「給与所得者等再生手続」があります。小規模個人再生手続は個人商店主や小...
個人再生と自己破産は、どちらも手続きの中に裁判所を介す法的整理になり、約半年かけて裁判所での面談を重ねながら整理していきます。自己破産は借金返済義務の免除が最大の特長ですが、家や車、預金を含む高額財産は全て債権者へ分配されます一方、個人再生は家や車を維持したまま、住宅ローンを除外した減額済の債務元本を債権者に3年かけて分割返済していく方法です。個人再生の場合は、自らの失態によるギャンブルや浪費によ...
個人再生んついては、弁済期間というものがあります。原則的には3年間となります。その3年間で返済できる金額を無利息で返済していくことになります。しかし、その3年間でもきつい額までしか、個人再生で減額できなかったという事もあり得るでしょう。そういった時は、弁済期間を延長できるのでしょうか。特に気になる部分でもあるかと思います。では弁済期間を延長できるのかという事になりますが、実際に延長することは可能に...
個人再生を裁判所に申し立てる際は、申立書の他に、債権一覧表の提出が重要な鍵を握る書類になります。個人再生は債権一覧表に記載された債務額に基づいて、正式に再生計画案を練っていくことになるので、正確な額の記載が必要になります。そこで重要になるのが、債権者に対する債務者との取引履歴の開示の請求で、その資料を基に法定利息法に則った引きなおし計算をしていきます。個人再生は非常に複雑な手続きなので、弁護士に任...
借金を整理するための方法の一つに個人再生という方法があります。個人再生とは裁判所に申し立てることによって負っている債務の額を大幅に圧縮し、残った債務を個人再生を申し立てた人が作成した再生計画案に従って返済していくという借金の整理方法です。そして個人再生をするためには必ず再生計画案を作成する必要があります。再生計画案とは今後債権者に対してどのような形で借金を返済していくのかという計画を記載したもので...
個人再生は、条件を満たしていれば誰でも行なう事が出来ます。条件は自己破産ほど多くありませんが、条件一つ一つのハードルが自己破産と比べると高くなっています。自己破産の場合は条件を満たすよう改善すれば、手続きを行なう事が出来ますが個人再生は、簡単に条件を変えられないような事も多いので手続き時に条件を満たせていない場合は、手続きを続行する事が出来ないと言う事が多いのです。債務整理は国に救済してもらう借金...
多額の借金を抱えてしまい、返済に困っている方は多いのではないですか。そんなときは債務整理を行うと解決することができます。債務整理には任意整理・自己破産・個人再生などの手続きがあり、債務の状況に合わせて最適なものを選ぶことが大切です。任意整理では利息制限法に基づいて利息を再計算、借金の減額と将来利息のカット、原則3年での分割返済を債権者と任意に交渉して認めてもらいます。自己破産では裁判所が支払い能力...
高額な借金になりやすい奨学金ですが、個人再生の対象として認められています個人再生を行うことで返済額を大幅に減らすことが可能となります。ただ幾つかの条件が存在し、その条件をクリアしなければ認められません個人再生自体はそんなに難しくはありません。奨学金を出している日本学生支援機構が個人再生に反対したという話は聞いたことが無いからですただ保証人に対して個人再生を行う旨を伝えなければいけません。大体の場合...