債務整理の相談をする前に!弁護士選びで大事なポイントは?

依頼するなら弁護士か?司法書士か?

自己破産を含め、債務整理を行うにあたって
バイタリティのある人は自分でやる方法もありますが
基本的には弁護士なり司法書士に依頼することになります。

 

一般的には司法書士の方が若干安くなるようです。

 

ただ、注意が必要なのは司法書士は書類作成の代行です。
また弁護士業務はできないので借金の金額等に制限があります。

 

自己破産は免責がおりなければ借金がゼロになりません。
さらに免責がおりても、「同時廃止事件」「管財事件」「少額管財事件」と3パターンに分かれます。
管財事件になると管財人の弁護士に依頼する必要があるのでさらに50万円程度の費用が必要になります。

 

なので、特にこだわりがなければ弁護士に依頼することになります。

 

 

自己破産の実績は?

弁護士事務所の中でも債務整理に強い弁護士に依頼した方が
価格的にも得だったり、様々な選択肢を提示してくれるでしょう。
免責がおりなくても、管財事件になっても弁護士報酬は支払わなければならないので
できるだけ債務整理の実績が豊富な弁護士を選ぶべきです。

 

弁護士報酬

弁護士報酬は相談料や減額報酬、着手金、債権者ごとに0円など料金体系がバラバラで
分かりづらいです。
なので相談料がかかるところは除外し、無料相談を実施しているところに行き
最終的にいくら必要になるのか確認しましょう。

 

支払方法は?

弁護士事務所によっては実際に払えるのかどうか確認する為に
月◯万円を数ヶ月前払いしたあとで着手する場合があります。
手持ちの資金が無い場合は着手金無料で後払いや分割支払いに対応してくれる事務所を選びましょう。

 

 

当サイトで申し込みの多い弁護士事務所

  • 着手金0円
  • 相談無料
  • 分割決済可能
  • 24時間、365日受付対応
  • 全国対応

無料相談はこちら↓

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

 

樋口総合法律事務所
⇒弁護士法人サンク総合法律事務所に無料相談してみる

 

自己破産の弁護士選びのポイントまとめ。
個人事業主で事業に失敗して多額の借金を抱えてしまった。
リストラに合い生活が苦しくなり多重債務に陥ってしまった。そんなときに自力での返済が困難な場合は自己破産で解決を目指せます。自己破産では裁判所で借金の支払いが不可能であると認められ、免責が許可されると、すべての借金の支払いが免除されます。
個人の方が自己破産の手続きを行うには難しいので、専門家にお任せしてはいかがですか。弁護士事務所では債務に関するご相談や、債務整理のサポートを行っています。
弁護士と言っても優良な弁護士、そうでもない弁護士といろいろです。債務整理が得意な弁護士を選んだほうがよりスムーズですが、分りやすく説明してくれること、偉そうな態度をとらないこと、依頼主様の立場に立ってくれること、報酬についてもしっかり説明してくれることを重視して選ばれると良いでしょう。
弁護士事務所では、自己破産のほかにも任意整理や個人再生など、いろいろな債務整理の方法から最適なものを選んでくれます。自己破産ではマイホームなど高価な財産は失ってしまいますが、99万円までの現金など生活に必要な最小限の財産は残されます。自己破産して急に生活に困ってしまうといったことも少ないので、一人で悩み続けずにまずは弁護士に相談してみてください。

 

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方