任意整理について

借金をなかなか返済できなくなってしまったということ、ありませんか。
当初の予想よりも収入が減ってしまったりということで、返済が思うように進まないということもあるでしょう。
そんなとき、借金をしている人がとるべき行動には、いくつかの種類があります。
その中で最後にとるべき手段は、自己破産。
これをすると借金が帳消しになりますが、日常生活におけるダメージも相当なものがあります。

 

自己破産の手前でとるべき手段として挙げられるのが、任意整理。
任意整理というのは、司法書士や弁護士によって行われます。
債権者との間で話し合いを持ち、金額に関して調整を行うというものです。
調整をした結果、支払いを可能にするところまで妥協してもらうというものです。
自己破産とは異なり、借金が完全に帳消しとなるわけではありません。

 

任意整理というのは、借金解決においてもっとも多くとられている方法です。
任意整理をすると、主に以下のような調整が行われます。
まずは利息のカットです。
特に、多額の借金がある人にとって、利息のカットだけでもうれしいものがあるでしょう。
それ以外には、毎月の支払額を減らすという方法もあります。
自己破産の前に、まずは任意整理をしましょう。

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ! 法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。

⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
料金内訳が明確
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方
フリーダイヤル:0120-501-605
>>ランキングの詳細はこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事

借金をして何らかの問題を抱えてしまった時に法的な解決をすることを債務整理といいますが、任意整理という手続きもそのカテゴリー内にある借金問題の解決法です。他には自己破産や個人再生といったものもあるのですが、任意整理は一番利用をしやすくて制限や手間がかかりにくいといった特徴があります。自己破産ですと財産を処分したり何をするにしても許可が必要になってくる場面が多いなどかなりの制約を受けることになりますが...
借金の総額を減額でき、月の支払額を少なくする事ができる任意整理は、自己破産よりデメリットトが少ない制度と言われています。自己破産の場合、現金や土地などの資産も差し押さえられてしまいますし、数か月間ですが就ける職業も制限されてしまいます。任意整理の場合、ブラックリストに名前が載り、約5年から7年ほど新しくローンを組む事ができなくなりますが、資産を没収されてしまう事もありません。ですので、借金を返済す...
借金があまりにも大きくなってしまって、もうどうしようもないという場合にはやはり任意整理などを行って、できるだけ返済可能な金額まで借金を減らしていくということが必要でしょう。任意整理は非常に多くの方が利用している手段になります。任意整理をする場合は基本的に弁護士に依頼をして作業を行っていくことになるでしょう。この場合、基本的な作業はほとんど弁護士に一任する形になります。そして、弁護士が依頼を受けて、...
私が、任意整理を行った時の流れについて記事にしたいと思います。どのような内容で任意整理を行ったかというと、以前勤務していた会社が、倒産して、その時私は、その会社の取締役をしていたのですが、リース品の保証人になっていましたので、残金の返済をする為に、任意整理を行いました。リース品の残金を完済するにあたり、まず最初は、会社の弁護士に相談しましたが、会社の倒産手続きに加えて、追加料金を請求されたので、仕...
任意整理と破産は、同じ法によって実行される法的手段ですが、その効果は全く違います。まず、任意整理も破産も債務整理という法の中の一つの手段に過ぎません。債務整理というのは、債務を抱えて困っている債務者を救うための法律で、状況に応じて四つの手段に分かれています。任意整理、特定調停、民事再生、そして破産です。任意整理というのは、債務の問題に関わっている債権者と債務者が話し合いをすることによって債務の問題...
債務整理は借金問題を解決できる方法です。とても返済できなくなってしまったら、任意整理・自己破産・個人再生などの手続きから最適なものを選んで債務整理を進めてみて下さい。任意整理を選ばれると、原則3年から5年で返済できるように借金が減額されますし、将来利息もカットされて返済がかなり楽になります。裁判所を通さずに任意で債権者と交渉する手続きなので、家族にも知られることなく債務整理を行えます。利息制限法に...
生活費の安易の借り入れによって、多重債務に陥る専業主婦は意外と多く、いつの間にか借金の自転車操業になって債務整理を余儀なくされる人は多いです。専業主婦の債務整理の相談に多いのは、配偶者の夫にバレずに借金問題を解決したいというものが圧倒的に多いです。極力、家族や知り合いにバレずに整理できる方法は、裁判所を介入させずに手続きができる任意整理という方法です。任意整理は他の債務整理の手段と比べても時間や手...
任意整理は、司法書士が債権者と返済の方法や返済の額を交渉して支払いが可能になる条件を交渉して合意させる手続きで、自己破産等と違い裁判所の関与はありません。債務整理の中では利用頻度が高い手続きといっても過言では有りません。任意整理を利用する事によって、債権者からの電話を止めることが出来たり将来的にかかる利息をカットすることが出来ます。その他にも以前までの利息が払いすぎだった場合は戻ってくる可能性があ...
任意整理は140万円以下の借金がある場合、司法書士に債権者と話し合って改めて支払い方法を決める事によって借金を返済していく方法です。任意整理を行えば、将来支払う利息をカットすることが出来ますし、もし利息を払いすぎているようならばその分が返済される可能性があります。基本は3~5年にかけて返済をする事になります。しかしデメリットがあることも把握しておかなければいけません。デメリットとして任意整理が確定...
多額の借金を抱えてしまって取り立てに悩まされている方は多いのではないでしょうか。そんな方に法律事務所では債務整理をお手伝いしています。債務整理には任意整理、自己破産、特定調停、個人再生などいろいろな手続き方法があります。専門家が債務者の方の状況を判断し最適な手続きを選んで進めてくれます。任意整理では利息制限法の上限金利により再計算を行った債務の将来利息カットや3年から5年での分割払いに応じてくれる...
任意整理は、借金返済が回らなくなった債権者に限定しての債務整理が可能ですが、住宅ローンの整理は原則できません。これは、担保権を握るローン貸付主の金融機関が抵当権を執行する恐れがあり、住宅が処分されてしまう可能性があるからです。住宅ローンの減額は認められる事ではありませんが、金融機関によっては月々の返済額や返済期間の見直しに応じてくれる所もあるので、まずは直接相談してみるのがいいでしょう。任意整理は...
任意整理は個人再生や自己破産のように、何通もの必要書類を作成したり、資料を用意する手間が大幅に縮小されます。もし弁護士や司法書士に整理手続きを依頼した場合は、住民票や直近の給与明細書、キャッシング・クレジットカード、借入れ明細書、返済金領収書、貸金業者からの契約書などを提出する必要があります。また、可能であれば債務者は簡単な債権一覧表を作成して弁護士に渡しておくと、貸金業者に対してスムーズに取引履...
借金があってその返済が難しくなった場合には、債務整理を考える必要があります。一口に債務整理と言いましても、いくつかの種類があります。具体的には自己破産・個人再生・特定調停、そして任意整理です。各々の状況に応じて、債務整理の方法を選択していきます。さて、これら債務整理の中でも任意整理は大きな特徴があります。他の債務整理が裁判所を介して実施されるのに対して、任意整理だけは裁判所を介しません。つまり自分...
債務整理をした時に気になるのは、やはりこれから自分はどうなるのか、ということではないでしょうか。この債務整理をした時点で具体的な将来が決まっている方は、あまりいないと思います。そこで、債務整理の中でも任意整理をした時には、どのようなことになるのか、確かめておいてみてはいかがでしょうか。まず、任意整理は債務整理の中でも比較的マシな方です。自己破産ともなるとどうしても厳しくなるケースも増えてきますが、...
任意整理には債務者として様々なメリットがありますが、しかしデメリットも当然あります。どんな事においても必ずそうですが、メリット面だけでなくデメリット面も必ず知っておかなければなりません。そのデメリットの内の1つとしてここで考えたいのが、任意整理後の借り入れに関する話です。 任意整理後の借り入れについていったいどんなデメリットがあるのか、それは借り入れが普通の方に比べると難しくなるという事です。もっ...
借金問題の解決の方法に任意整理という手続きがあります。これは利息制限法に基づいて引き直し計算を行い、債務額を確定します。債務が減額されたうえで、将来利息もカットされるので月々の返済が楽になるのが最大のメリットです。3年から5年で分割返済を行い、完済すれば借金問題は解決となります。個人再生や自己破産と違って債権者を選んで任意整理することが可能で、たとえば連帯保証人を立てて借りた債務は外して任意整理を...
任意整理には弁護士に払う費用が存在します。減ったらそれで終わりというわけではありません。お世話になった弁護士に、債権者1社当たりの金額を支払わなければらないのですその相場はどれくらいなのかについて説明します基本的に1社当たり4万前後が相場になると思われます。これよりかなり安く済む事務所もあれば、これより高くなる可能性もあります1社だけの任意整理であればさほど問題になりませんが、複数の会社を相手にす...
任意整理と過払い請求は同じ場面で使われることも多く、その区分がやや分かりにくくなっています。その方の状況によって、両方が関係してくることもあれば、片方のみが関係してくる場合もあり、ややこしさに拍車をかけています。そこで両者の関係を整理してみたいと思います。任意整理とは、裁判所を介さないで直接業者と交渉して借金の減額を求めることです。一方の過払い請求は、払い過ぎたお金の返金を求めることです。任意整理...
任意整理とは人が多額の借金をしてしまって返済をすることが困難になってしまった場合にすることになる債務整理の方法の一つで、借入先の金融機関に対して裁判所を介さないで、直接交渉して、債務の返済額、返済期間、返済方法などを決めていく債務整理です。そして人が生活費などのために消費者金融から借金をする場合は借入額が数万円から数十万円単位と額が少ないので、保証人を立てることはないのですが、事業資金を借り入れる...
任意整理をした場合に生命保険に入れなくなったり、今入っている生命保険を解約しなければいけなくなったりするのではないかと心配する人もいるでしょう。しかし、任意整理をしても生命保険への影響は全くありませんから心配は必要ありません。任意整理後も任意整理をする前と同じように生命保険を継続できますし、新規に生命保険に加入することも可能です。任意整理が生命保険へ影響すると考える人はおそらくブラックリストのこと...
任意整理をするとブラックリストに登録されることはよく知られています。このブラックリスト入りが賃貸にどう影響するかを解説します。まず、家賃をクレジットカードを使って支払うタイプの賃貸の場合は契約は困難です。なぜなら、ブラックリストに登録された状態では、まずクレジットカードの審査に通らないからです。任意整理前にクレジットカードを所持していたとしても、任意整理をしてしまえば使えなくなりますから同じことで...
借金の返済が困難になった時の解決方法の一つに任意整理という手続きがあります。これは裁判所を通さず債権者と任意で交渉を行います。利息制限法に基づいて再計算を行い借金の総額を確定し、借金の減額や将来利息のカットや原則3年での分割返済を認めてもらうという手続きです。消費者金融など貸金業者に利息制限法を超える利息分を過去にお支払していた時は戻ってきます。任意整理は借金がいくらになったら行うべきか、明確な基...